資料請求資料請求 来店予約来店予約

COLLABO HOUSE

COLLABO HOUSE0120-560-578

□営業時間 10:00〜18:00 □定休日 水曜日、年末年始

右矢印TEL MENU

コラム

注文住宅を建てる上では絶対に見ておきたい「見学会」とは?

2020.11.10

ほとんどの方が注文住宅の検討をし始めてから、自分たちの建てたい家の参考にするために、実際に住宅会社が建てた家を見に行きますが、TVCMで宣伝されている「住宅展示場」を見に行かれるのではないでしょうか。

一般的な住宅展示場は複数の住宅会社のモデルハウスが並ぶため一度に比較検討できるため、検討材料のひとつとして見学される方も多いのですが、住宅展示場にあるモデルハウスは、実際に建てる家のサイズよりも大きく建築されていて、仕様も高いグレードを採用しているケースが多く、モデルハウスに足を運んだ際に、自分の建てたい家と合っているのか雰囲気を掴みづらいといったことがデメリットがあります。

そこでおすすめなのが住宅会社が期間限定で行う「見学会」です。

見学会には大きく3種類あり、建築されたばかりの家が見学できる「完成見学会」や、施行中の構造を見ることができる「構造見学会」、家を建てて実際に住み始め数年経過した方の家を見ることができる「入居宅(OB邸)見学会」といった見学会があります。

見学会参加のメリット

検討の第一歩となる具体的なイメージが掴める
見学会とモデルハウスの大きな違いは、実際に住む方が建てた実例かつサイズが現実的という点です。これから住み始めるリアルなサイズ感の住宅を見学できるので、自分たちが住む暮らしのイメージが掴みやすく、特に注文住宅を建てる上では参考になることが多いです。例えば、家族構成が近い家庭の見学会に参加した場合、実際にどのくらいの広さが必要なのか、どういった間取りにしているのか、どのような箇所に収納を作っているのか、生活や家事の導線はどのようになっているのかなど、実際に間取りを検討する場合でも役に立つことばかりです。

カタログやHPでは掴めないリアルな質感を体感できる
住宅会社が用意しているカタログやHPでも最近では十分な情報を得られるようになりましたが、なかなか色合いや風合い、質感などはどうしてもイメージがしづらいことが多いです。例えば当社であれば無垢材や漆喰の質感、空気感に感動されるお客様も多く、実際に見学いただくからこそ体感できるポイントも多くあります。特に、空気感については当社では化学建材を使用していないため、自然素材独特の木材の匂いや、肌触りといった空気の違いを感じていただくことをおすすめしています。

細かいエピソードが聞けるので注文住宅のアイディアに活かせる
実際に過去あった事例で、通常のタイルよりサイズを大きく設計している家の見学会を行う機会があり、見学会に参加されたお客様より、「なぜタイルが大きいのですか?」という質問を受けたことがありました。このお家は後々の掃除のことを考えて、目地が少なくてすむタイルを使用していたのですが、このように細かな設計に関するエピソードも聞けるので、注文住宅ならではの新たな発見をすることができます。

見学会に参加したら確認しておきたいポイント

設計意図
家を建てる際はその家庭の生活環境に合った家を設計するため、参加する際は、なぜこの間取りになったのか、どのような生活をイメージして設計したのか、なぜこの素材を使っているのかなどの設計意図を確認することが大切です。これらの知識は、住宅の基礎知識や自分たちが家づくりを行う上での判断材料となりますので、住宅会社の担当者にどんどん質問をしてみましょう。

施工体制
施工については素人目線ではわかりにくい点も多いですが、まずはどのような職人さん、大工、左官職人が施工をしているのか、施工の技術力などを確認するで、その住宅会社の施工体制を認識することができます。特に自然素材は新建材と違い、職人の技術を問われるので、施工力は気にしておきたいポイントです。

住み始めてからの暮らし方
入居宅見学会では入居後からある程度の年月を経ている状態を知ることができるため、実際にどのような生活をしているのか、季節ごとのエアコンの設定温度を確認することで、寒暖さのない家なのかといった住み心地を知ることができます。無垢材を使用している場合は、家のメンテナンスのやり方を確認しておくと、住み始めてからの暮らしがイメージしやすくなります。

見学会を通して良い住宅会社を見極めるポイント

定期的に完成見学会を開催しているか
完成見学会は、実際に建てた家を公開することになるため、企画住宅を主にしている住宅会社の場合レパートリーが少なく見所に欠けるため、頻繁に完成見学会を開催をすることはありません。フルオーダーの注文住宅を売りにしている住宅会社で定期的に完成見学会を開催しているということは、一棟一棟に違いがあるため、設計やインテリアコーディネートという側面において見所が多いといえますので、設計力を図る基準にできます。


住み心地がよく分かる入居宅見学会を開催しているかどうか
家は建てて終わりではありません。お引き渡しをしたお客様がその後快適に暮らすことで、はじめて家を建てた意味をもたらします。そのため、引き渡し後の入居宅見学会を開催しているかどうかも、良い住宅会社を図るひとつのポイント。入居宅見学会は、お客様との信頼関係があってこその開催が可能となるため、スタッフとの関係の良さが必要不可欠です。そして、一般的には年月が経つほどに新築時に比べて素材は劣化していきますが、自然素材を使っている会社の場合、風合いが増す経年変化となっているため、完成時とは違った見所があります。当社でもこの経年変化を楽しんでいただくために、入居宅見学会を定期的に開催しています。

家の中身が見える構造見学会を開催しているかどうか
構造見学会は、建築途中の基礎や柱、断熱材といった、建築後では見ることのできない家の中身を知ることができる機会です。構造見学会を行うということは、住宅性能において自信の裏付けともいえます。現場では大工さんのこだわりや、施工現場の管理の仕方について確認すると、大工さんの丁寧さ、現場の清潔感、整理整頓なども見えてくるため、構造見学会の開催は住宅会社への信頼度を図る上での基準となります。

最後に

今回は「見学会」についてご紹介をさせていただきましたが、注文住宅を建てる上ではとても参考になるポイントが多いので、家づくりを検討されている方はぜひ参加をしてみましょう。ちなみに当社では、これまでご契約いただいたすべてのお客様が見学会へ参加をされています。特に商品の特性上、自然素材はリアルに体感していただくことで、その良さを実感できる素材です。ぜひ機会があれば当社の見学会へご参加ください。

お問合せ

家づくりに関することなど、
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

女性の写真「welcome」 女性の写真「welcome」

お電話でのお問い合わせ

フリーダイアル0120-560-578
■お電話受付時間/9:00~18:00 
■定休日/水曜日、年末年始

メールでのお問い合わせ

アイコン:資料資料請求 アイコン:メール来場予約